おとな旅in宮古島

体験ダイビング

こんにちは。今日も生憎の天気ですが、ゲストさまが現地に到着する頃には雨も上がりました。何だか最近このパターン多い気がするな。

今日は珍しく、ゆうま、マッキー、私のスタッフ3名でビーチへ出動。スタッフ3人でビーチへ行くのはレアなので、スタッフゆうまも「なんかピクニック行くみたいですよね」なんて言ってました。確かに。。。っておい!仕事仕事(笑)

職場の仲間と体験ダイビングにチャレンジ

今日は社員旅行で来島されたゲストさま5名さまで体験ダイビングにご参加下さいました。最初は皆さん緊張気味でしたが、時間が経つにつれ徐々にテンションも上がってきて、一番元気なのは紅一点の彼女。水中ではあっち!こっち!と指を指して楽しそう♪ 2チームに分かれて途中合流する作戦で移動。合流できたときは久々の再会のように皆さん大きく手を振っている様子は、何だかとても可愛らしかったです。

道中ではニモ(カクレクマノミ)を紹介すると、黄色い歓声がよく聞こえるくらい喜ぶ姿もまたカワイイ(笑)

ニモもドン引き! めっちゃ近っ!

後で聞いたら「ファインディングKiss」したかったんですって❤ ロマンチック~。

でもね、知ってます?ニモの唇って結構タラコ唇なんですよ。ダウンタウンの浜ちゃんみたいな顔してるのでダイビングする機会があったら、よーーーく観察してみて下さい。よく聞く感想は「想像と違う」。ちょっと可哀そうな気もするけど(笑) でもイソギンチャクに隠れてながらヒラヒラと泳ぐ姿は、やっぱり元祖アイドル。頻繁にみる私たちガイドでさえ、カメラを向けたくなるものです。そしてクマノミの撮影はとても奥深いので、彼らを綺麗に可愛らしく撮るには、なかなか難しいんですよ。ダイバーの中には、クマノミの撮影に30分~1時間粘って撮る方もいらっしゃいます。いつか私も愛らしい姿を綺麗に撮れるようになりたいな。

それでは、また。

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?