ベテランダイバーの海愛

宮古島ビーチダイビング

こんにちは。皆さん「夏」過ごしてますか?

今年は雨が多く、8月の連続降雨日数を更新するなど夏なのに…と短い夏をお過ごしの方も多いはず。地元の友人も雨ばかりと嘆いておりました。心配なのは冷夏による農作物への影響ですね。今年のお米大丈夫かなー?

こちら宮古島は、快晴に恵まれ連日夏の青空が広がっております…いや正しくは、昨日までは広がっていました。現在台風13号が沖縄の南にあるので今日は雨風が時折強くなってきました。

台風が過ぎ去ればまた夏に戻ります。沖縄の夏は長いですよー。今年夏を感じられなかった方、もしくは遅い夏休みをご検討中の方は是非宮古島へ!

水中クリーンアップ活動 in来間島

先日ご来店頂いたゲストさまは、200本超えのベテランダイバーさん。世界のメジャーポイントを数多く潜られてるんですけど、リクエストは「のんびり、ゆっくり潜りたい。」

ゆっくりのんびり潜りつつ、ついでに私がゴミを拾いながらガイドしていたらゲストさまも一緒に拾い始めてくれました。当日チョイスしたポイントは釣りを楽しむ方も多く、水中には根掛りした釣り糸やルアーなんかも落ちていてるので私も普段から気掛りな場所でした。

宮古島ビーチダイビング

1ダイブ目終わると「元気なサンゴなのにもったいないね、次は私も拾っていい?」根掛かりした糸の先には、釣り針もあるので注意が必要ですが、ゲストさまは何せベテラン。そのお申し出に乗っかって水中クリーンアップ活動のスタートです。

中には何年もの間、サンゴに絡みついていたであろう糸は外せないものもありカッターを使って糸を切りながら回収。魚たちから「え?何してんの?」と言わんばかりの視線を浴びながら、黙々と作業をしていきます。そう、ファンダイビングというより作業です。

糸を見つけてはサンゴを傷つけないよう丁寧に外す。針があったら更に慎重に。ゲストさまとのコンビネーションもよくなり効率よく進みます。

宮古島ビーチダイビング

しかし時間はあっという間に過ぎていくもの。まだあそこにある、ここにもと思いながらゲストさまと二人後ろ髪をひかれる思いでエギジットです。終わってみれば、2日間クリーンアップ活動をして頂きました。ちなみに回収したものはこんなに大量です。

宮古島ビーチダイビング

神様からのプレゼント

海から帰る頃には宮古島の空に久しぶりに虹が架かりました。「神様から私たちにプレゼントかもね」とゲストさま。そう、きっとご褒美ですね。

こんなダイビングをゲストさまとするのは初めてのことで、私にとっても印象深い2日間となりました。ご本人も「あと1週間くらい潜りたい。だからまた来るからね」と海への愛が深い言葉を残してお帰りになられました。

いつも楽しさを与えてもらう海をゲストさまと一緒に清掃活動できたことは、私にとっても今後のダイビング人生にずっと残るはずです。また一つお客様からダイビングの楽しさを教えてもらった2日間となりました。本当にありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?