スーパー体験ダイバー現る!

こんにちは! みっちゃんです。

気付けば、もう3月に突入してますね。皆さん何かと忙しい季節ではないでしょうか? 社会人なら、決算だったり、人事移動や転勤の準備だったり。学生の方は、卒業や入学準備。

私たちは...何だろ。あっ!もうすぐエリート新人が加入してくるぅーーー❤ 楽しみ、ふふ。そんな3月の本日、仲良しご夫婦と体験ダイビングに元気に行って参りました。

最高のバディ

陸上でも水中でもバディ。うらやま~❤でした。ブリーフィング(事前説明)で、下ばかり見ずに、周りを見渡すと色んな発見があって楽しいし、隣にいるバディもちゃんと見て下さいね。とお伝えしたら旦那さまが、こまめにアイコンタクトをとり、水中で意思を伝え、お二人共とっても楽しそうに遊んでました。

やっぱり夫婦って最高のバディなんだなーと実感しました。あまりに楽しそうなので、いつもよりダイブタイムが長めになっちゃいました(笑)

呼吸の大切さ

トップの写真もう一度見て下さい、この水中でのバランスの良さ!

よく見るとつま先がわずかに浮いてます。これってライセンスを持ったダイバーがなせる技なんですけど、教えてないのにやってくれてます(笑) しかも、中層泳ぐと浮いちゃいますよ、と説明したんですが、何かしたいらしく泳いでます。 ???あー、スーパーマンね! 旦那さん、なかなかのチャレンジャー。 写真を撮る時の姿勢も、スーパーマンも呼吸が安定してないと出来ないものなんです。恐れ入りました!

呼吸が安定することは、ダイビングにおいて水中の全ての動作に影響します。緊張して肩に力が入ったり、ストレスを感じると、浅く早い呼吸になります。吐く量が少ない→吸う量少ない→苦しくなって悪循環。いわゆる過呼吸の状態です。過呼吸状態では、視野も狭くなってしまいます。逆に呼吸が安定すれば心にゆとりが生まれ、水中を広く感じることができます。耳を澄ませば、魚たちが餌をつつく音がパチパチっと聞こえてきます。もうひとつ、大切なバディの表情もしっかり見えます。楽しさが倍増しますよ。 

体験ダイビングに前に鼻をつまんで「ゆっくり、深く。3秒吸って、3秒吐く」の練習をしてみて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?