ひとがカメに魅了される理由

こんにちは! 毎度みっちゃんです。

今日は気温19℃と寒空の中、お二人が体験ダイビングにチャレンジされました。今年の春から新社会人となり社会に羽ばたこうとしているお二人。学生最後の旅行先として宮古島を選んでくれました。有り難いことです。

私たちもカメが好きです。

1DIVE目も終盤に差し掛かり、そろそろ海から上がろうかな...と帰り道の途中、なんとカメさん2匹!! 思わずお二人も声を上げてましたね(笑) GoPro片手に頑張って追いかけてたけど、ちゃんと撮れたかなー?

カメを見て何も思わない人っていないんじゃないでしょうか? 今ふと思いました。

ガイドの仕事をしてる人は数えきれない程見てると思います。しかも個体識別できるほど。でも、どんなガイドでも「あっ!カメー!!」って顔してますよ。ゲストさまに見てもらいたいのが一番ですけど、何度会っても、何度見かけても、ガイドも「あっ!カメー!!」って思わず声にしたくなる、そんな存在です。ベテランダイバーも同じなんじゃないかなー。

優雅に泳いでるコ、寝てるコ、お食事中のコ、甲羅をお掃除中のコ、いろいろな表情と生活を垣間見ることができます。だから魅了されるのかもしれませんね。

ビーチでカメに会えるのも離島ならでは

ビーチ体験ダイビングでカメに会えるのってやっぱり、離島だからこそと思います。

こんな身近な環境でカメが見られることって、改めてスゴイなーと思います。宮古島のダイビングで多く見る種は、タイマイかアオウミガメ。どちらかと言えば、アオウミガメの方が多いです。先日遊びに来島されたインストラクターの方も「ビーチでカメ見れるなんて、宮古っていいね」と仰ってました。

今日のカメ1、カメ2は、泳いでたのであっという間に遠くに行っちゃいました。でも、あの泳ぎ方ってやっぱりいいなーと思いつつ、社会に羽ばたいていくお二人の予想図みたいに感じました。がんばれ新社会人!!

それでは、また!

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?