体験ダイビングとファンダイビングの違いってなに??

ファンダイビング

レジャー目的のダイビングには、「体験ダイビング」と「ファンダイビング」の2つがあります。宮古島へ行くならダイビングやってみないなーとお考えの方に、この2種類のダイビングについて特徴や違いをご紹介します。

ファンダイビングとは

ファンダイビングはライセンス(Cカード)取得者ができるダイビングです。講習を受け認定されたダイバーは、ダイビングサービスが開催するツアーに参加してインストラクターにガイドしてもらうダイビングと、自分とバディ(一緒に潜る仲間)で安全管理をしながらダイビングすることが可能になります。

潜れる水深は最大40m(オープンウォーターダイバーは18m)まで潜ることができ、無理のない範囲で自由に海の中を楽しむことができます。

ファンダイビングのファンは、その名の通り楽しむこと。PADIのライセンスを取得すると日本国内はもちろんのこと、海外どこの海でもダイビングを楽しむことができます。つまり世界中のダイビングスポットを潜ることができます。

体験ダイビングとは

体験ダイビングはインストラクターの安全管理のもと、安心で手軽にダイビングを楽しむものです。ライセンスをお持ちでない方をを対象にしたコースで、健康な方なら誰でも参加することが可能です。呼吸や耳抜きなどの基本的なテクニックレッスンを受けてからスタートします。

当店では10歳以上であれば大人と同じように楽しめて、潜れる水深は約5~10m前後の比較的浅い場所で潜ります。ファンダイビングに比べると制約が大きくなりますが、宮古島の浅い場所には、深い場所ではあまり見ることができないサンゴやキレイな魚達がたくさん住んでいるので充分に楽しむことができます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?