体験ダイビングで使用する無料レンタルカメラ紹介

今や普段の生活でもInstagramやFacebookなどのSNSに投稿するのは当たり前。写真や動画はなくてはならない存在かもしれませんね。最近は体験ダイビングでご来店下さるゲストさまも、Goproや防水カメラ持参で参加される方が予想以上に多いことに驚きます。とは言え、ダイビング自体が手軽なレジャーではないし旅行のためにカメラをいきなり買うにはまだハードルは高いかもしれません。

BIGHOLIDAYの無料レンタルカメラ

そんな方のために当店では無料レンタルカメラのサービスを行っています。気軽に写真が撮ってみたい方や、カメラを始める入り口になるきっかけになればという思いで当店の写真好き店主が始めたサービスです。ぜひご利用下さい!

カメラスペック

カメラはOLIMPUS-Toughシリーズでカメラ本体が防水ー10m、さらに水深-40m防耐水の堅牢なハウジングを装備した本格的なダイビング用デジタルカメラです。水没に強い機種をご用意しましたので初めてダイビングでカメラを使う方にも安心です。スーパーマクロモードはレンズ面ギリギリまでピントが合うので極小のマクロ被写体撮影も可能な万能カメラです。

SDカードをご持参ください|コンビニでも販売しています

SDカード

SDカード対応ですので、お持ちのカメラの物を使うことができ、その日にデータを持ち帰る事が出来ます。SDカードはコンビニなどでも販売しています。あらかじめ家電量販店や通販で購入できれば安価に手に入ります。是非ご用意してください。

4GBの物でOKです。ハウジング-40m防水、カメラ本体-10m防水と万全を期していますが万が一の場合はSDカードのデータ保障は出来かねますので、ご心配でしたら大事なデータの入っていないSDカードをご用意ください。

カメラの使い方 – 5ステップ

  1. レンタル機種で一番キレイに撮影出来る設定をしておきます
  2. 当日ご持参のSDカードをスタッフがセット
  3. 操作方法は当日スタッフがレクチャーいたします
  4. 呼吸が安定し耳抜きも問題なければ、その後に水中でスタッフがゲストさまの手首に通します
  5. ダイビング終了後、スタッフがSDカードを取り出してお渡しします

綺麗に撮影する方法

お渡しする時には風景撮影(ワイド被写体)に適したモードに設定してあります。難しいことを避けたい方はこのままでOK!水中では内蔵ストロボでフラッシュ光は綺麗に撮れないので水中モードフラッシュOFFに設定しています。マクロ被写体を撮りたい場合はマクロモードに切り替え、フラッシュONで撮ります。詳しい設定方法は当日スタッフにお尋ねくださいね!

先着順ではありません。全グループにご用意しています。

2名様につき1台ご用意します。追加でレンタルをご希望の場合は1台2000円にて承っています。初めて水中カメラを使うという方は多数いらっしゃいますのでご心配には及びません。いくつか注意点をご説明させてもらいますので、あとはめいいっぱいキレイな海中を激写してください!スタッフが記念撮影もさせていただきます。

宮古島の海の思い出をたくさん撮ってお持ち帰り下さい。ご自宅に帰って余韻に浸るのもよし、暫くたってから見返すのもよし。感動したらひとに話したくなりますよね。InstagramやFacebookなどのSNSに投稿するのは勿論、ご家族やお友達に写真を見せて宮古島の海を教えてあげて下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?