シュノーケリングとスキンダイビングの違い

シュノーケリング

「シュノーケルはわかるけどスキンダイビングって何?」意外に知られていないのが、この2つのマリンスポーツの区別。そこで今回は、「シュノーケル」と「スキンダイビング」の違いについてご紹介したいと思います。

シュノーケリングとは

シュノーケリングとは、シュノーケル・マスク・フィン(これを3点セットと呼びます)を装着して、ウエットスーツやライフジャケットを着用し、浮力を確保して水面にプカプカ浮かびながら、水中世界を見て楽しむレジャーのことです。きちんと浮力を確保するので、泳力に自信がない人やお子様でも水中世界を自分のペースで楽しむことができます。

海の中にはいろんな魚や生き物がいますのでそれを観察するのも楽しいでしょうし、ただ水面に浮いて重力を感じずにリラックスするたけでも、日常ではなかなか体験です。宮古島の澄んだ海は癒し効果バツグンですよ!

スキンダイビングとは

スキンダイビングも3点セットを装着して楽しむものなので、広い意味ではシュノーケリングの中に含まれますが、こちらはあくまでもダイビングなので「海の中に潜る」ことを目的としています。いわゆる素潜りで、某番組で「とったどぉ~!」ってやってましたが、あれも立派なスキンダイビングですし、沖縄の伝統的漁法を使う海人も素潜りですね。

シュノーケリングは水面から水中を眺めるマリンレジャーですが、スキンダイビングは更に一歩踏み込んで水中に潜ります。スキンダイビングは、息を止めるという行為や、潜降に伴う水圧の影響など、シュノーケリングとは注意点やリスクが全く異なります。泳げる人で、ちょっと練習すれば10m位は潜れるようになりが、より水中生物との距離を縮めることができるでしょう。ただし、頭から水中へと潜降するジャックナイフと言われる潜水方法もあり、スキューバダイビングより難しいと言われるほど高度なテクニックが必要です。キチンとした知識を持たずにスキンダイビングをすることはとても危険なので、インストラクターや現地ガイドの指導を受けてから正しく行ってください。

ダイバー必見!その壱 シュノーケリングとスキンダイビングを侮るなかれ

ダイビングの基礎が身に付くのは実はシュノーケリングとスキンダイビング。これらの達人にダイビング下手はいないと言っても過言ではありません。

シュノーケリングやスキンダイビングには、スキューバダイビングには欠かせない要素がぎっしり詰まっています。オープンウォーター講習のプログラムに必ず取り入れられるようになったのもそのためです。

例えば、フィンキック。シュノーケリングもスキンも、効率のよいフィンキックが身についていないとすぐ疲れて十分に楽しむことが出来ません。ダイビングのフィンキックとは多少異なりますが、フィンで水を捉えるという基本が理解できていなければ、シュノーケリングだろうがダイビングだろうが効率のよい泳ぎができません。

そして、スキンダイビングは水中で息こらえをしているので、無駄がなくシンプルで滑らかな動きが求められます。逆に無駄の多い動きはすぐ苦しく感じて水面に戻りたくなってしまいます。長く水中で潜るための呼吸法や、潜降時の抵抗を少なくするための入水角度や姿勢などが大事になってきます。

効率的で省エネ動作はダイビングでエアを長持ちさせるコツにもなります。そのためシュノーケリングとスキンダイビングが上手なひとはスキューバダイビングも上手です。

ダイバー必見!その弐 シュノーケリングとスキンダイビングの魅力

ダイビングに慣れてくると、何となくシュノーケリングやスキンダイビングから遠ざかってしまうように思います。「ダイビングでより深く潜れるから」とかスキル的にも「スキンダイビングは潜れない」と感じからですかね? でも、この2つにはダイビングにない魅力がやメリットがあります。

まず、生物の警戒心が低くなります。例えばドルフィンスイム。スキューバダイビングより素早く泳げて行動範囲が広くなります。そして何よりダイバーの排気がないのも大きなメリットですね。

シュノーケリングでもそれは同じことです。自然界にない音が出ない分、魚たちの警戒心は低くなります。水面からの方が視界も広いので生物が探しやすい。カメを探す時はシュノーケリングが一番効率的です。

お手軽なことに加え、残留窒素の心配がないのも魅力ですよね。宮古島で最終日のフライト前に、ダイビングポイントには少ない種の魚をじっくり撮影するとか、カメと泳ぐとか楽しみ方はそれぞれ。先述した通り、ダイビングスキル向上を目的にシュノーケリングやスキンダイビングを最終日に練習目的でやってみるのもオススメです。スキンダイビングは上達具合が自分でもはっきり分かるものなので、潜れるようになると更に楽しくなりますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?