願えば叶う!2年越しの恋

ウミガメ

島のメインイベントと言っても過言ではない「全日本トライアスロン宮古島大会」が2日前に終わりひっそりした宮古島です。島内をアイアンマンが駆け抜け今年も島全体で熱い声援が送られてました。当ショップからは真ちゃんが出場!ではなくスイムのボランティアスタッフとして参加。感想を聞いてみたら普段感情をあまり表さない真ちゃんが「感動しました」とちょっと熱めに言ってるので、凡人の私ならきっと涙を流して感動するレベルと思います。そんな真ちゃんと一緒に今日もビーチへGO!です。

恋い焦がれたお相手との突然の出逢い

今日のゲストさまは体験ダイビングを過去に3回経験されてるベテラン体験ダイバー。当ショップの体験ダイビングはビーチエントリーで必ず足のつく場所で練習をするのですが、その練習のときも落ち着いているので呼吸も進み方もとっても上手でした。実はゲストさまの旦那さんは、ダイビングのインストラクターなので一般的な方より海は身近な存在だからかな。

そんなゲストさま、2年前の初体験ダイビングからの願いを密かに持っていたそうです。慶良間で参加した体験ダイビングでニアミスしたのでウミガメに逢いたい。その想いを何とか宮古島で叶えようじゃありませんかっ!

今日は大潮でコンディション的には水中は濁っている状況。カメに逢える確率もかなり低く、逢えない可能性の方が高いと思っていましたがチャレンジ決定。すると...願えば叶うもんですね!彼女の想いの方が強かったようです。お休み中のカメを1匹だけ発見! カメを見るコツを簡単に説明したのですが、その通り動いてくれたのでじっくり見ることができましたね。あとは殺気をなるべく消すこと。お休み中のカメに有効なのは、側に寄りたい、近くで見たい気持ちをぐっとこらえて見て見ぬふりー(笑) 人間から発せられる「もっと近くで写真撮りたい」という欲望が殺気に感じてしまいます。そこはぐっとこらえて下さいね。

今頃ゲストさまは旦那さんと写真を見ながらダイビング談議に花を咲かせてるかな。やっとカメに逢えて良かったですね。

では、また。

ABOUTこの記事をかいた人

BIGHOLIDAY-TRIPのチーフガイド。宮古島の海が好きすぎて10数年間勤めていた大手自動車メーカーを退職して移住。丁寧なインストラクションに特化していて不安のあるゲストさまもすぐに笑顔に!お子様からご年配まで人気のあるオールラウンダーで性格は穏やか。少し天然!?